ITS JAPAN
047-449-2961 お問い合わせフォーム

そもそも「水分計」とは?
 

水分計の種類。

化学反応式(アクアトラック3E)

■測定原理
測定試薬(水素化カルシウム)と水が反応する化学反応式水分測定です。窒素などの付帯設備は必要ありません。

測定原理

◎メリット

  • 測定精度が高い
  • ppm オーダーの微量水分測定が可能
  • 測定に使用するサンプル量が多いので高精度&高再現性
  • 試験筒が大きので成形品の測定も可能
  • 使用するのは試薬と100V 電源だけで低コスト
  • 試薬は水酸化カルシウムなので管理が比較的容易
  • 試薬1 本(250g)で約830 回の測定が可能
  • 付帯設備がなくコンパクトで持ち運びができる
  • タッチパネルなので操作が簡単

× デメリット

  • 知名度が低い

カールフィッシャー法

■測定原理
滴定セルにヨウ化物イオン・二酸化硫黄・アルコールを主成分とする電解液がメタノールの存在下で水と反応することにより物質中の水分を定量します。

測定原理

◎メリット

  • 測定精度が高い
  • ppm オーダーの微量水分測定が可能
  • 知名度が高い

× デメリット

  • 窒素ガスなど大掛かりな付帯設備が必要
  • 測定場所が限られる
  • 特殊な試薬使用の為、測定者が限定される
  • オペレーターの熟練度による再現性の相違が大きい
  • 試薬に有害物質が含まれるものもあり管理が難しい

乾燥重量式

■測定原理
ハロゲンまたはヒーターで乾燥させ、乾燥前と乾燥後の重量差で測定します。

測定原理

◎メリット

  • 測定時間が短い
  • 装置の価格が安い
  • 食品など水分量が多い測定には向いている
  • 小さくて場所をとらない

× デメリット

  • 水以外の物質も測定してしまう為精度が低い
  • ppm オーダーの微量水分測定には向いていない

水分計の基礎知識

サンプル(樹脂)の種類

お問い合わせフォーム